ホルトバージ国立公園

出発は早朝のブダペスト

ブダペストからは、高速鉄道とローカル線を乗り継ぎ3時間ほどでホルトバージへ行けます。

ハンガリー国鉄

インターシティ

インターシティの一等車両

一等車両だけあって、とても綺麗でした!

Füzesabony駅からローカル線に乗り換え、ホルトバージ駅に向かいます。

とても綺麗というわけでもないですが、見た目以上に座りやすい椅子でした。

ローカル電車の中。

ホルトバージ駅に到着!

周りには何もない…

駅舎を背に左手に進むと、川を越える橋があります。

そこを超え交差する道を右手に行くと、馬術ショーのオフィスに到着します。

駅から歩くこと30分…。ここが馬術ショーのオフィスになります。

オフィスで当日のチケット(2019年10月時点で3,300フォリント)を購入し、馬術ショーのツアーに参加。

馬術ショーの前にホルトバージで有名な独特の角を持つラツカを見学。

何もない平原と言うことで、プスタの馬は「伏せ」を覚えさせられるのです。

馬術ショーのツアーはラツカなどの馬以外も含め、1時間10分ほどの内容でした。

広大な平原に独特な文化が息づくホルトバージ国立公園!皆様も訪れてみてはいかがでしょう?