ウィーン

カールス教会

カールス教会は、

世界遺産ウィーン歴史地区

18世紀初頭、神聖ローマ帝国皇帝カール6世がペスト撲滅を祈願して作らせた教会になります。

にある教会です。

カールス教会入場料

カールス教会の入場料は、一人8ユーロとなります。

教会内には服飾など、当時の教会文化に触れられます。

また、内観は圧倒的な美しさを誇ります。

但し、カールス教会の特徴は、その美しさだけではありません。

カールス教会には、現代アートと天井絵を間近で見られるエレベーターが設置されているのです。

エレベーターで登ると天井絵がこの距離まで迫ります。

美しい天井絵をここまで間近で見られるのは、カールス教会だけではないでしょうか。

カールス教会の上から見るウィーン・リングシュトラーセ方向の街並み。

また、カールス教会にはもう一つの魅力があります。

それは何かと言うと…

カールス教会は、夜になるととても素晴らしい室内楽のコンサートがあるのです。

室内楽はクラスCの席で一人36ユーロでした。

コンサートは、約1時間の内容でした。

音楽の都ウィーンに訪れた際には、カールス教会でコンサートを楽しんではいかがでしょうか。